眠るコツは「夕食後1時間半前後に入浴」

食後1時間半前後に入浴すると熟睡しやすいことが足利工業大学睡眠科学センター教授の小林敏孝氏による研究で明らかになった。
7月2日付の読売新聞によると、研究の対象となったのは寝つきの悪い学生5人で、入浴時間(5~10分)、湯の温度(38度、40度、42度)、入浴時間帯などを考えながら半身浴をしてもらい、その後、寝つくまでの時間、睡眠の深さ、直腸の深部体温・皮膚温などを測定した。それを1ヶ月間続けてもらい統計をとった結果、夕食後1時間半前後に入浴すれば睡眠まで30分以上かかっていた被験者でも5分から10分で入眠出来るようになることが明らかになった。また脳波を見てみると、全被験者において睡眠が深くなること、覚醒の回数が減少することもわかった。
小林氏によると、体温が高くなる食後1時間半前後に入浴してさらに体温を上げれば、その後、体温の低下が加速されるため、入浴後2、3時間で睡魔に襲われるという。

医道の日本 第732号より抜粋