花粉症 アレルギー性鼻炎

  • 薬を飲まないとクシャミが止まらない…
  • 鼻がつまって寝づらい…
  • 下を向くと鼻水が垂れそう…
  • 目のかゆみと朝の目やにでコンタクトが辛い
  • 薬は眠くなるのと喉が渇くからイヤだ!

そもそも何で花粉症になるの?

ひと言でいえば、スギやヒノキの花粉を異物(敵)だと身体の免疫機能が判断して、外に追い出そうと、涙やクシャミ、鼻水が出るのです。

でも、本来は花粉ってそんなに戦わなくてもいい異物(敵)なんですけど、清潔になり過ぎた現代社会は、花粉やホコリがちょっと来ただけでも身体が過剰に反応してしまう。

それが、花粉症やアレルギー性鼻炎なんです。

 

花粉症の薬を使い続けるとどうなりますか?

これはですね〜、花粉症に限らず全ての薬に当てはまる事なんですけどが、

皆さんも同じ薬を飲み続けていると、前よりその薬の効きが悪いかな?という経験はありませんか?

これを花粉症で簡単に説明しますね。

花粉が身体に入って来ると、身体は「警戒しろ!」とヒスタミンという信号物質をばらまきます。すると免疫細胞がヒスタミンを受け取り、鼻水やクシャミをして花粉を追い出そうとします。

花粉症に使われている抗ヒスタミン薬は、この免疫細胞のヒスタミンの受け取りを邪魔します。

どう邪魔するかと言うと、本当のヒスタミンを免疫細胞が受け取る前に、抗ヒスタミンが先回りして免疫細胞とくっつくのです。

抗ヒスタミンはヒスタミンの偽物なので、免疫細胞が受け取っても鼻水やクシャミは出ません。

このままなら、めでたしめでたし…なのですが、身体の中には行き場を失ったヒスタミンがいますから、身体はヒスタミンを受け取ってもらえないので、ヒスタミンの受け手を増やしてしまいます。

そしてヒスタミンの送り手の方は、ヒスタミンを出しても抗ヒスタミンに邪魔されるので、もっと大量のヒスタミンを出して免疫細胞に受け取って貰おうとするのです。

つまり、抗ヒスタミン剤を飲めばその場は花粉症の辛い症状から逃れられますが、そのまま飲み続けると自分の身体をますます花粉に過敏な体質にしてしまうのです。

新森桂整体院の花粉症治療は?

新森桂整体院の花粉症治療は鍼を使います。(私は鍼灸師の国家資格も持っています)

この鍼をするツボは、今から十年ほど前に埼玉県のある先生から教わりました。

この先生は鍼の業界では異端児で有名で、その技術は門外不出でした。

しかし、先生も高齢になり「そろそろ後世の為に」ということで、特別に教えて頂いたツボです。

そのツボは背中に二ヵ所あり、右のツボに鍼をすると右の目と鼻がすっきりし、左のツボは左の目と鼻に効きます。

それも鍼をしてしばらくしてから効いてくるのではなく、その場で鼻が通り、目もパッチリしていきます。

もちろん、鍼は痛くはありませんし、副作用もありませんので安心して下さい。

治療効果は初めてする方は、数日から一週間の持続期間が多いです。

また二回目三回目と鍼をするごとに、効果も長持ちします。(個人差有り)

「去年したら、今年は一回で大丈夫だった!」と言われる方もいます。

治療費は初回お試しが ¥1,000 です。

なお1ヶ月間、来放題のお得な定期、¥5,000もあります。この定期は「花粉症の鍼」限定で枚数も限られていますので、ご希望の方はぜひお早めにどうぞ。

 

花粉症で悩む方に伝えたいこと

実は私も大学4回生の頃に花粉症になりました。(今から25年以上前ですね)

その後しばらくは、市販薬を服用していたのですが、年々酷くなり「花粉症に良く効く」と評判の耳鼻科、鍼灸院を聞くと、電車を乗り継いででも受診し「どんな薬、どんな治療をするのか?」を体験してきました。

その中で一番効いたのは「ステロイド注射」です。

こいつは効きます。注射一本で一ヶ月は効きましたね。

でもご存知の様にステロイドは副作用も凄いです。ですから二ヶ月目もしようとは思いませんでした。

その他の薬は、製薬会社が違うだけで何処も同じ様なもので、飲めば半日は効きますが、ノドの渇きと眠気に困らされました。

鍼灸院でする鍼も花粉症といえば、普通は顔や頭にします。これは自分自身でも出来るので研究の為、ありとあらゆる所をしました。効果はそれなりにはありましたが、「スパッ!」とはいきませんでした。

ですから、最初埼玉の先生に声をかけてもらった時も「何十万もかけて教えて貰う価値が本当にあるのだろうか?」という気持ちでした。(先生…ごめんなさい)

しかし先生に鍼をしていただくと「まぁビックリ!」。

その場で鼻が『スッ〜』と通っていくのが分かるのです。目のかゆみも不思議と治まっていきました。

この感覚はステロイドの注射にも無かったこと。即効性ならこのツボの方が断然上です。

その後、先生の背中や先生の患者さんに鍼をさせていただき、鍼の感覚を学んだことを昨日のことの様に覚えています。

もう先生はお亡くなりになり、このツボを使う同門の者も僅かだと聞きます。

ですから、もし貴方が何処かで花粉症の鍼を試し満足されていないとしても、顔や手足に鍼をしていたら、私がしている鍼とは別物ですので、一度体験してみて下さい。

貴方と同じように、花粉症で悩んだ私が言うのですから、間違いはありません。

お客様の声 | 新森桂整体院

  • 44才女性 マスクと薬が手放せなかった花粉症

    毎年、この時期になると、マスクと薬が、手離なせなかった私が、「花粉に鍼!!」にびっくりです。

    半信半疑??で、桂先生に鍼をしていただくと、不思議なことに、今まで詰まっていた鼻がスーッと通っていくではないですか

    「エッ!エッ!!うそー!」って感じです。
    おまけに目のかゆみもスーッと、引いて、目もすっきり、これはすごい!!

    お陰さまで、今シーズンは薬なしマスクなし過ごしています。
    花粉症に天敵出現だと思いました。
    花粉症で、悩んでる方、是非一度試してみて下さい。

    ※患者様個人の感想であり、効果には個人差があります。